このような症状でお困りではないですか?

 

手首に強い痛みがあり動かせない

・手首が熱をもってズキズキ痛む

・腕全体にシビレがある

・朝起きると強い痛みがある

・手首の痛みで日常生活や仕事に支障が出る

・手を着くことができない

・痛み止めが効かない


 

腱鞘炎の原因は様々ですが、特に、タイピングや、掴むなどの動作が多い方。

握ったり押したり等、仕事や日常生活での使いすぎによるものが多く見られます。

 

○腱鞘炎に多い症状

 

・熱を持ち、ズキズキとした痛みが1日中続く

・痛みのせいで物を掴むことができない

・立ち上がる時などに痛みで手を着くことができない

・親指付近にも強い痛みがありうまく使うことができない

・腕全体にも痛みがあり重だるさも感じる

 

 原因は、手首の中にある「腱鞘」と言う 腱を束ねる鞘の所が、使い過ぎなどが原因で炎症が起きることとされていますが、実際には手首自体には問題がないことが多く、多くの場合、腕や、そこに繋がる肩、更に背中などに原因があり結果として痛みが出ていることが多いと感じます。

「手術しかない。」と言われた方も 当院の施術で筋肉を緩めることで改善し、全く痛みのない生活を送っています。

 

当院の手足のシビレの治療

 

問診

当院は問診に重点を置いています。

 

痛みの出る使い方や角度、時間によって痛みが変わるのか?痛みの出ている範囲等。

まずしっかりとお話を伺い、原因を探っていきます。

 

レントゲンやMRIなどの画像診断に重点を置き、問診をしっかり行わない所は多いですが、ここで原因をしっかりと探ることで今後の治療結果が大きく変わってきます。 

 

施術 

痛みの出ている場所や、出るタイミング等でアプローチしていく場所は変わりますが、【トリガーポイントテクニック】と言う、「 シビレの原因になる場所(トリガーポイント)」を的確に探り出し刺激を入れていく方法を軸に、お灸と整体を組み合わせた独自の方法で施術をしていきます。

 

 

・背中から肩への施術

まずは手首から離れた所から探っていきます。

痛みが出ているのが手首や指だけでも、体は全て繋がっているので、離れた場所に本当の原因があることが多いめ丁寧に探っていきます。

殆どの場合 手首自体に問題はなく、結果として手首に痛みが出ていることが多くみられます

 

・腕、手首付近への施術

 

遠い部分から探り、腕や手首付近の最も痛みの出ている場所への施術をしていきます

人は、1番痛みの出ている所に意識がいってしまい、中々本当の原因の場所へは意識を向けることが難しいので、鍼灸施術で、炎症や痛みを抑え本当の原因の場所へ意識を向け易くしていきます。

 

・過去の骨折など 他の原因を探っていきます

これまでも、過去の捻挫や骨折、手術の痕が原因で、皮膚や筋肉等の組織の動きが悪くなり、症状が出ている方を多く見てきました。

傷ついた筋肉や皮膚などの組織が癒着を起こして腱鞘炎の原因になっている場合、丁寧に癒着を剥がしていく施術を行います。

 

全身調整で体全体を緩める

 

体の間違った使い方で硬くなってしまった 背中や下半身の大きな筋肉は、手首や末端に影響を与えることが多いため、全身のバランスを整え、正しく体を使える状態にしていきます。

 

 

症状に捉われず 的確に原因にアプローチすることで、一時しのぎではなく 再発しないための状態を作っていきます。

また、施術後は自宅でできるセルフケアの説明もさせて頂きますので、ご自身でのケアもできるようになります。

 

 

 当院は、何年も腱鞘炎に苦しんだ方、何度も腱鞘炎を繰り返してしまう方薬を飲んでも効かず、他の治療も受けたが効果が無かったという方からも高い評価を頂いております。

 

どこに行っても治らないとあきらめる前にえんにご連絡下さい。

痛みのない楽しい毎日を送れるよう お手伝いができれば幸いです。